中古車業者の何軒かに査定を、愛車売買のために

中古車をできるだけプラスで処分するために

中古車業者の何軒かに査定を、愛車売買のためにしていただきました。それらの中で、ガリバーが最も高額買取価格を示してくれたので、売却はこの業者に頼むことを取り決めました。


手始めにウェブ上車査定し、愛車をその上で別の日に、店舗に持っていったところ、ネット査定よりも高額が示されたため、即売却を決断しました。

車査定では、走行距離の長い車であるほどマイナスに評価されます。

一つの目安として、10万キロを超えると、どんな高級車、名車であってもゼロ円で査定されると覚悟しておいてください。同じ車で走行距離が変わらなければ、乗った期間が短い方が低い査定となります。
短期間に酷使した証拠だと扱われてしまうためです。


車の下取りの際に注意するべき事は、自動車税に関してのことです。

これは、販売業者によって違うようです。



普通はきちんと説明してくれます。



特に排気量の多い車では、数万になりますので、軽く見てると痛い目に遭います。

逆に、軽だとすれば数千円のことなので、そんなに気にすることもないでしょう。

実際に車査定をするときは、一番初めに走行距離を確認する業者が多いです。



車の査定において、最も大切なのは走行距離なんだそうです。

10万キロを超えた車が、買い取ってもらえるかどうかは車種によっても違いますが、正直に言って、難しいと思います。

とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車やとてもレアな車だったら、査定結果が上がることも、もちろんあるでしょう。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。



ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。



何を優先するかは本人次第ですが、車の車種や補修履歴などの状態によって、買取業者のほうが利益が出る場合があります。

私は二度目の買い替えのときは、買取業者にも見積りをお願いしてみたのですが、買取業者のほうが高かったのです。

あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。


2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。

現金を持ってディーラーに行き、さっそく新車の頭金にあてました。下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。


一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。洗車していようがしていまいがキズを見落とすかもしれない、などと考えない方が良いでしょう。
そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。


業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。次のような流れになりますので参考にしてください。

初めにネットの一括査定サイトを活用して、机上査定の金額を知ることから始まります。

そして実物の状態を業者が確認した上で、車の状態に応じた査定額が決まります。

必要に応じて金額アップの交渉などを行い、代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

そして先方による書類上の手続き等を経て指定した口座に売却代金が振り込まれます。



高い査定価格を得る秘訣として、その車を最も高く評価してくれる業者を探しだすことです。

そのためには、車査定一括サイトを活用していくのが一番手軽です。

さらに現物査定の際、減額されないようできる手は打っていきましょう。シートも含め車内をキレイにし、ニオイ取りもできるだけ行ってください。買取額を上げるのは難しいですが、だめもとで取り組んでみるのも良いかと思います。
業者を利用して車を売却するとき一番たいへんなのは査定までというのをご存知でしょうか。金額が決まると、一括査定サイトなどに登録されている買取業者なら、今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、業者がすべての手続きを代行してくれます。

わからないことは、どんどん聞いてください。

こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・自動車税の納税証明書です。



姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。
それと、車のキーでスペアがあれば、これも業者に渡しましょう。最後に代金が支払われますので、振込先の口座も用意しておけば万全です。



買取店に車を売却する前にしておくべきことは、机上調査と実地チェックがあげられます。


つまり、ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。
査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、低い価格を提示されて損をする可能性もあるわけで、それを避けるためにも絶対に相場知識は必要なのです。そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。


外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。

家や車には独特のニオイがありますが、これが残っていると査定で減点されるのは間違いありません。